たくさんの席

postheadericon レンタルオフィスの今後

レンタルオフィスやバーチャルオフィスなどの貸し会議室は2000年代に入り、ITブームをキッカケに急成長を遂げます。
この頃から認知度が急激に高まり、色々なジャンルの職種の人達が利用を始めます。
利用料金の安さやその手軽さから利用する人はさらに増加を続けており、これからも注目のビジネスになると言えます。

今後は、ビジネスのプライバシーの問題や利用する人間のモラルが問われることになりますが、色々な出会いがある場所になるためこれからも注目されていくことが予想されます。

使用したい日数だけ
レンタルオフィスは、賃貸契約を結ばないので家賃や敷金・礼金・設備費などの経費が掛からず、使用したい日数や時間分だけ借りることができます。

机や椅子、通信機器などが備え付けてあるので、会社としてすぐに仕事を始めることができます。

入社説明会など社内の会議室では入りきれない場合に貸し会議室として使用されたり、実際には自宅などでネットを駆使して仕事をしている人に、会社としての住所を置くバーチャルオフィスとしても利用されています。

近代的な内装

postheadericon レンタルオフィス

レンタルオフィスとは、業務などを行う事を目的として借りる事ができる部屋の物件です。ビジネスの分野では、オフィスの調達方法について、ニーズにあったレンタルサービスが提供されています。

実際のオフィスを用いずにオフィスの機能を果たすバーチャルオフィスのサービスや、臨時の会議室が必要になった場合に利用することができる貸し会議室などのタイプが存在します。レンタルオフィスを使用することで、オフィス物件の維持管理のコストが圧縮できます。

貸し会議室
貸し会議室は、会社としてすぐに使用できるようテーブルや椅子などがあり、場所によっては電話やインターネット通信環境、FAX、プロジェクターなどが備わっており、賃貸契約ではないので敷金や礼金などもかからず利用できるものでレンタルオフィスとも呼ばれます。

少人数で商談するような空間から、会社説明会を行うような広い場所まであります。ネットで仕事をする人には、バーチャルオフィスとして貸し会議室を住所登録に利用されています。

会社のビル

postheadericon 1日でも長期間でも

貸し会議室とは、レンタルオフィス会社に頼んで借り受けるタイプの会議室のことをいい、一日から借りられるものと、長期的に借りられるものがあります。なかにはバーチャルオフィスのように実際の部屋の形をしていないものまであります。

自社で満足のいく会議ができない場合に、広く利用がされています。必要なときに必要なだけスペースを借りることができるので、コストの削減ができます。ときには大ホールのような施設を借り受けることもできるために、業種を問わずに人気を博しています。

貸し会議室の歴史と今後
レンタルオフィスやバーチャルオフィスのような貸し会議室が増加している傾向にあります。

生まれは1980年代のバブル期に生まれたものでありますが、90年代に入ると一旦空白の時期ができます。

しかし、90年代後半に入ると利用者が増加じますが、ノートPCなどのデータの持込が可能になったのも理由の一つに挙げられます。

今後は、プライバシーの問題なども解決しなくてはなりませんが、利用料金の安さなどから利用する人は今後も増加していくことが考えられます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930